愛姫とは

三春城主、田村清顕公と
正室於北(相馬顕胤の娘)の一人娘。

永禄11年(1568年)三春城(現在の城山公園)で女の子が誕生し、「愛」と名付けられました。「愛姫」の誕生です。愛姫は戦国大名である三春城主田村清顕公の娘で、天正7年(1579年)に数え年12歳で伊達家に嫁ぎ、伊達政宗の正室となった人物です。

愛姫は、米沢城の伊達政宗に嫁いだのち、時の政権と良好な関係を保つため、京都・大坂・江戸と遠方の地を転々とする人生を送ることとなります。
そのような折であっても、愛姫の気丈で繊細な振る舞いは、時の政権者からも一目置かれ、伊達家の正室として丁重な扱いを受け、独眼竜として戦国の世に名を馳せた政宗の生涯を支えたと言われています。まさに柔と剛を併せ持つ「武家の妻の鑑」と言える人物であったと考えられます。

愛姫生誕450年PR用ロゴマーク

平成30年は、伊達政宗の正室である「愛姫」の生誕から450年の記念の年にあたります。
三春町では、独眼竜として名を馳せた伊達政宗の正室である三春出身の愛姫の生涯に焦点をあて、愛姫が晩年まで再興を願った戦国大名田村家の歴史や愛姫の愛した三春の郷土の魅力を広く全国へ発信していくことを目的にロゴマークを制作しました。